加齢臭がするまでにかかる時間

昼?夕方?夜? 加齢臭は何時くらいから臭ってくるのか?

加齢臭は何時くらいから臭ってくるのか

通勤電車

 

体から分泌される皮脂が酸化することでねっとりグリスのような、古くなったポマードのようなニオイが出る。

 

これが加齢臭です。

 

人によっては強烈な異臭をも発する加齢臭ですが、ここで気になるのが一体皮脂はどのくらい放置すると酸化して加齢臭を発するようになるのか、という点です。

 

実はこれに関しては過去に(株)LIONが実験をしているのでそれが参考になります。

 

 

LIONが行った加齢臭の実験

 

被験者は夜の10時にお風呂に入る

 

ニオイが残らないようにしっかりと体を洗う

 

皮脂が全く付いていないTシャツを着てから就寝する

 

一晩寝た後に着替えずに出社する

 

いつ頃から加齢臭がするか測定する

 

これがLIONが行った実験の概要です。

 

 

結論から先に書くと、加齢臭が出始めるのはお風呂から出て着替えてから12時間後くらいだったそうです。

 

普段から体臭がキツい人はそれよりも早く出ますし、そうでない人は12時間経っても加齢臭は中々出てこなかったそうです。

 

実験開始

 

実験ではシャツに寝汗やそれと一緒に出る皮脂が付着したのが確認されました。

 

朝起きてから通勤の最中にも汗と皮脂は分泌されます。(満員電車などを利用する人は特にこの傾向が顕著だとか)

 

これらのプロセスを経てシャツに付いた汗は細菌などで分解されます。また、皮脂は酸素と出会い徐々に酸化していきます。

 

そうして分解された汗と皮脂はそれぞれニオイ(加齢臭)を発するようになります。

 

会社に着いてデスクワークを始めた後もそうした分泌は続き、更に汗の分解と皮脂の酸化がシャツと皮膚の間で着々と行われます。

 

分岐点は昼休みに

 

この一連の流れが活発に行われる人とそうでない人の分岐点が形として如実に現れたのが、昼休みでした。

 

 

ここで難しいの脂由来の加齢臭よりも早いタイミングで汗由来の体臭が出てくることです。

 

ワキガなどがある場合は朝から汗臭さが発生しているのでそこの部分のニオイは嗅ぎ分けなくてはなりません。実験をする側の厳しさが想像できますね・・・

 

12時を過ぎて昼休みくらいに加齢臭がしてくる人は普通の人。それを過ぎて午後にならないとニオイがしないのは加齢臭が出にくい人です。

 

昼休み前の午前から脂っぽいニオイがしてくる人は加齢臭がとても出やすい人です。

 

加齢臭が出る時間を遅らせる

 

ここで気になるのは午前から臭くなる人はそうでない人と何が違うのか?加齢臭が出てくるのを遅らせるにはどうすればいいのか?という二点です。

 

 

まず加齢臭が早く出る原因で考えられるのは元々体質が汗っかきで脂性な人です。

 

加齢臭の原因が汗や皮脂から来ています。なのでそれらの分泌が多い人はそうでない人よりも早く臭ってくるのはある意味当然です。それ意外だと汗をかく仕事かそうでないか、というのも大きな違いです。

 

 

しかし、この二点は自分ではコントロールできないのでどうしようもありません。(何年もかけて食生活を通じて体質改善したり転職すれば別ですが、現実的ではありませんよね)

 

 

そこでおススメしたいのが、朝シャワー・ボディシートの利用です。

 

人間の体は就寝中も汗を出しているわけですから、朝それらを綺麗サッパリ洗い流せば日中に加齢臭が出てくるまでの時間を遅らせることができます。

 

また、ボディシートで日中小まめに汗を拭けばニオイの原因(皮脂の酸化・汗の分解)を物理的にシャットアウトできます。

 

 

『ニオイの原因をしっかり理解してきちんと対処する』

 

これが加齢臭の発生を遅らせる上で一番やるべきことかもしれませんね。



このエントリーをはてなブックマークに追加 

旦那の口臭を消す方法.com

関連ページ

体のニオイは年齢で変わる
私たちは体臭や加齢臭について考える時、全部を「くさいニオイ」と一括りにしがちですが、実は人間の体から発せられる体臭や口臭は年齢によって変化することをご存じでしょうか?ここでは年齢によって変化する体臭の不思議な仕組みについて説明します。
加齢臭はは重要なツール!?
「お父さんくさい!」というセリフは年ごとの娘の常套句として有名ですよね。実際にこれを言われてショックを受けた旦那さんは多いかと思います。そんなわけで悪者扱いされている加齢臭ですが、実はこれ、コミュニケーション手段とてしの役割もあるんです!