体のニオイは年齢で変わる

体臭・加齢臭・・・・体のニオイは年齢で変わる

体のニオイは年齢別で変化していく

様々な年代

こちらのページ(皮脂の分泌のピークは30代)で説明したように、加齢臭は体臭とは別物というよりも体臭の延長線上に存在するものと言えます。

 

そこで、ここでは年齢別でどんなニオイがするのか、その違いに注目してみます。

 

若い頃の体臭

 

まず、皮脂の分泌量が少ない10〜20代の体臭は「ツン」としたニオイがします。

 

いわゆる世間でいう“汗臭い”というアレです。

 

中学・高校の時体育の授業が終わった後男子が臭かったのを思い出してもらえば分かりやすいと思います(笑)

 

若い頃は脂がそれほど分泌されない代わりに皮膚自体の新陳代謝が激しいのが特徴です。

 

この新陳代謝の過程で出てくるのは角質・・・つまり、アカです。

 

更に皆さんも身に覚えがあると思いますが、若い頃はとても沢山発汗します。

 

こうして、沢山のアカと汗が微生物によって分解されると「ツン」とした匂いを発するようになります。

 

 

新陳代謝(アカ)+発汗(大量の汗)+微生物による分解=体臭

 

中高年の体臭

 

若いころは「ツン」とした体臭ですが、年齢を重ねると新陳代謝も段々と少なくなってくるのでそのニオイも次第に収まってきます。

 

逆に、年齢と共に増えるのが加齢臭です。

 

加齢臭は30代の頃はペラルゴン酸、40代の頃はノネナールという風に原因物質が年代によって違うのが特徴ですが、皮脂の酸化が主原因であることは変わりません。

 

 

これは余談になりますが、足のニオイは年齢に関わらず、10代20代の頃と同じ「ツン」としたものです。

 

それは足首から先の部分からは年齢に関わらずほとんど皮脂が分泌されないからです。

 

足のニオイといえば最も加齢臭がキツそうなイメージがありますが、実際はそうではないんですね。

 

10代、20代の体臭の原因は非常にシンプルなのでお風呂に入ってきちんと体を洗えばそれだけで落とせます。

 

 

しかし、30代以上の加齢臭ともなるとニオイの原因もニオイそれ自体も若いころとは変化して複雑になっていきます。

 

ニオイの原因が変わっている以上、それに気付かないまま若い頃と同じように体臭の予防をしたのでは上手くいかないのも無理はありません。

 

身だしなみは行き届いているのに加齢臭だけはどうにも消せない男性がたまにいますが、それは10代・20代の頃と同じ体臭対策を取ってしまっているからに他なりません。

 

 

加齢臭を防ぐには正しい知識と自分の年齢にマッチした正しい対策が必要、というわけですね。



このエントリーをはてなブックマークに追加 

旦那の口臭を消す方法.com

関連ページ

加齢臭はは重要なツール!?
「お父さんくさい!」というセリフは年ごとの娘の常套句として有名ですよね。実際にこれを言われてショックを受けた旦那さんは多いかと思います。そんなわけで悪者扱いされている加齢臭ですが、実はこれ、コミュニケーション手段とてしの役割もあるんです!
加齢臭は何時が一番匂う?
普段どんなに体が臭い人でも風呂上りは匂いがしなくなりますよね。じゃあ風呂上りから加齢臭が漂ってくるまでにかかる時間は果たしてどのくらいなのでしょうか?ここでは臭くなるまでの時間について、過去にLIONが行った実験を元に考察していきます。