体臭には種類がある

【意外な事実!】実は人間の体臭は一つではなく様々な種類がある

体臭は七種類ある

様々な色

皆さんは加齢による自分の体臭の変化について、今まで意識したことがありますか?

 

 

とある調査によると20代では自分の体臭が変化したと感じるのは3割程度です。

 

ところが30代40代と年代が上がるにつれて、何と6割以上の人が体臭の変化を実感するようになってきます。

 

これは枕カバーなどがクサくなることでそれがキッカケとなって気付く機会があるからだそうです。

 

様々な調査ではニオイの気になる部分は男女共に1位がワキ、2位が胸や首回りとなっています。

 

これは市販されている体臭対策グッズを見てみても確かに納得のいくところです。

 

七種類の体臭

 

世間では体臭というと十把一絡げに「臭い」と判断されがちですが、厳密に分類するとそれらは七つのニオイに分けることが出来ます。

 

以下がその七つになります。

 

  1. スパイシーなクミンのようなニオイ
  2. すっぱいニオイ
  3. 脂っぽいニオイ
  4. 生臭いニオイ
  5. 埃っぽいニオイ
  6. 湿っぽいニオイ
  7. その他のニオイ

 

※クミンとはカレーに入れるスパイスのことです。カレー特有のニオイの源でツンとした芳香があります。これが体臭となると、ある種の独特な攻撃力の高い異臭に例えられます。

 

他人に体臭について相談された時など、こういった表現を知っているとニオイの詳細を相手により具体的に伝えることができるので重宝します。

 

 

さて、体臭が最も多く発せられるワキの下のニオイを分析すると、ワキはいくつかニオイが複合していることが分かります。

 

最も多いのは1と2と3のニオイが混ざったパターンです。

 

脂っぽくて鼻にツ〜ンと来るスッパイ臭い

 

ずばり、これこそがワキのニオイと言えます。

 

 

ところが加齢臭となると事情が変わります。
実は加齢臭は上でいうところの3番目の脂っぽいニオイだけしかありません。(特に30代は)

 

しかし、単純に脂っぽいとはいってもだからといって弱いわけではありません。

 

例えば某メーカーでは30代のニオイの特徴を「古くなった食用脂のようなムッとするニオイ」と表現しています。

 

また、ある別のメーカーでは40代のニオイを「脂臭くて青臭いニオイ」「古いポマードのようなニオイ」といっています。

 

 

このように加齢臭は10代20代の強烈ながらサッパリしニオイとは異なり、衰えることなくしぶとく残り続けます。

 

このことから加齢臭がいかに厄介な存在かが見て取れますね。



このエントリーをはてなブックマークに追加 

旦那の口臭を消す方法.com

関連ページ

【体験談】体臭と私と夫の話
実は口臭と並んでもう一つ、人間には嫌な臭いがあります。それが内側から出る体臭・加齢臭です。ここでは旦那の口臭とは少し趣向を変えて、体臭・加齢臭ついて見ていきます。その後どうすればこれら匂いは消せるか、といった問題に私の経験も交えながら書いていきます
自分の体臭は中々分からない
口臭と並んで厄介なのが自身の体臭ですが、これを自分できちんと把握して対策するのは中々難しいものです。ここでは体臭は口臭と違って自覚するのがどうして難しいのか、その理由について説明します。現在自分の体臭に悩んでいる人は参考にしてみて下さい。
人間の皮脂は30代がピーク
体臭や加齢臭というと何となく40〜50代の中年に差し掛かったオジサンが一番キツいと思われがちですよね。でも、実はそうでもありません。実は人間の体は30代こそが皮脂の分泌ピークで、それ以降は徐々に下り坂になっていきます。ここではその理由を説明します。
デオドランドスプレーは良くない
夏場のドラッグストアには多くのデオドランドスプレーがありますが、これを使うことで自分の体臭を消そうと考えているなら、ちょっと待ってください。そのスプレーはもしかしたら体臭を消す効果が無いどころか逆に体臭をキツくしてしまう可能性すらあるんです・・・
体臭を発する部位を把握しよう
体臭は部位を問わず体のありとあらゆる箇所から出ていますが、出やすい部分と出にくい部分に分かれます。なので、出やすい部分を把握して、そこを重点的にケアすることはエチケット的な意味では非常に重要です。ここでは体臭の出やすい部位についてまとめました。
似てるようで違う他臭症と自臭症
あなたは自分の口臭を強く感じているのに他人は全くそれに気づいてないというケースに遭遇したことはありませんか?実はコレ、自分は口臭や体臭が匂ってるんじゃないかと不安になる「自臭症」と呼ばれる症状です。ここでは他臭症と合わせて自臭症について説明します。
日本人は匂いにとっても敏感
国民性、といっては何ですが、実は日本人は口臭・体臭をはじめとした他人の匂いにとても敏感だと言われています。このページでは日本人がどのような経緯を経て、現在のように「匂いに敏感な国民」へと様変わりしていったのか、その変遷を分かりやすくご説明します。