【アラサーは要チェック!】人間の皮脂は30代に分泌ピークを迎える

【アラサーは要チェック!】人間の皮脂は30代に分泌ピークを迎える

皮脂の分泌が最も多いのは30代

皮脂の分泌

 

加齢臭と言えば40代・50代のおじさん特有の臭いと考えられがちです。

 

しかし、実際はそうではなく、加齢臭の原因となる皮脂の分泌量は30代がピークといわれています。

 

以下は一分間に皮膚1センチ×1センチの範囲でどのくらいの皮脂が出るかを示した表です。
(単位は1000分の1グラムです)

 

10代 2.5
20代 5
30代 7.5〜8
40代 6~7.5
50代 6

 

こうして見ると分かりますが、脂っぽい臭い=加齢臭の元になる皮脂は30代でピークを迎えます。

 

 

加齢臭という言葉はネガティブイメージが強い

 

ここで、「30代が一番加齢臭がキツいとはいっても、スプレーなどは30代をターゲットにしたものはそこまで多くないのでは?」と思った方がいるかもしれません。

 

確かにその通りです。でも、実はここにもカラクリがあります。

 

 

LIONや花王など、多くのメーカーでは商品に加齢臭というワードを書いていません。

 

あくまでも”30代の男のニオイ”というような表現に留めて「男のニオイの発生を防ぐ」とか「男性特有の脂っぽいニオイまでしっかりカット」のような表現を使っています。

 

その理由は至って単純。

 

加齢臭という言葉はメーカー側だけでなく、消費者にとってもネガティブワードなので、それが書いてある商品は消費者にとっても中々手に取りづらいからです。

 

確かに最近自分のニオイが気になりだしてはいるものの、30代なので自分のことをまだオジサンだとは思ってない男性が、加齢臭とデカデカと書かれたデオドランド商品に手を出すのはちょっと気が引けますよね。

 

 

元々加齢臭という言葉は資生堂が1999年に「高齢者特有のニオイの元」を発見した際に命名されたものです。

 

その名前が生まれてから実はまだ20年も経っていないんです。

 

それだけに人々の加齢臭についての理解はまだまだ進んでおらず、それが原因で中々この言葉も使いづらいというわけですね。

 

体臭・加齢臭のメカニズムについて

 

加齢臭のニオイの元はノネナールという酸化物質です。

 

これは脂肪酸と過酸化物質が反応してできます。過酸化物質とは脂分が酸素と結びつくことで酸化して変質したものです。

 

 

例えば酸素は鉄と結びついて赤茶色の「さび」を発生させますが、過酸化脂質はいわば脂が錆びているような状態と言えます。

 

実は体から出てきたばかりの脂はそれほど臭くもないのですが、古くなった角質や汗と混ざる性質があります。

 

そして脂はそれら排出物と混ざることで酸素により酸化しやすくなり、角質や汗が微生物に分解されるとニオイを発するようになります。

 

この体の状況は年齢によっても異なります。

 

若いうちは新陳代謝が活発なので汗の良は多く、角質の量も多くあります。

 

そして年齢を重ねると汗や皮膚は減りはするものの、脂の成分が変わりニオイもイヤ〜なものへとなります。

 

このイヤ〜なニオイが何を隠そう加齢臭、というわけですね。

 

 

つまり、加齢臭は体臭とは全く別の違うニオイなのではなく、体臭の延長線上に存在するニオイと言い換えることができます。

 

そのため若い頃に体臭がキツかった人は加齢臭も強い傾向があるので人一倍これを抑える努力が必要、というわけですね。


このエントリーをはてなブックマークに追加 

旦那の口臭を消す方法.com

関連ページ

【体験談】体臭と私と夫の話
実は口臭と並んでもう一つ、人間には嫌な臭いがあります。それが内側から出る体臭・加齢臭です。ここでは旦那の口臭とは少し趣向を変えて、体臭・加齢臭ついて見ていきます。その後どうすればこれら匂いは消せるか、といった問題に私の経験も交えながら書いていきます
自分の体臭は中々分からない
口臭と並んで厄介なのが自身の体臭ですが、これを自分できちんと把握して対策するのは中々難しいものです。ここでは体臭は口臭と違って自覚するのがどうして難しいのか、その理由について説明します。現在自分の体臭に悩んでいる人は参考にしてみて下さい。
デオドランドスプレーは良くない
夏場のドラッグストアには多くのデオドランドスプレーがありますが、これを使うことで自分の体臭を消そうと考えているなら、ちょっと待ってください。そのスプレーはもしかしたら体臭を消す効果が無いどころか逆に体臭をキツくしてしまう可能性すらあるんです・・・
体臭には種類がある
体臭といえば、とにかく「クサイ!」という画一的なイメージばかり持たれがちですが、実はコレ、種類があるって知ってました? しかも2つや3つどころか詳しく分けると七種類に分かれるというから驚きです。ここではそれら七種類の体臭について見ていきます。
体臭を発する部位を把握しよう
体臭は部位を問わず体のありとあらゆる箇所から出ていますが、出やすい部分と出にくい部分に分かれます。なので、出やすい部分を把握して、そこを重点的にケアすることはエチケット的な意味では非常に重要です。ここでは体臭の出やすい部位についてまとめました。
似てるようで違う他臭症と自臭症
あなたは自分の口臭を強く感じているのに他人は全くそれに気づいてないというケースに遭遇したことはありませんか?実はコレ、自分は口臭や体臭が匂ってるんじゃないかと不安になる「自臭症」と呼ばれる症状です。ここでは他臭症と合わせて自臭症について説明します。
日本人は匂いにとっても敏感
国民性、といっては何ですが、実は日本人は口臭・体臭をはじめとした他人の匂いにとても敏感だと言われています。このページでは日本人がどのような経緯を経て、現在のように「匂いに敏感な国民」へと様変わりしていったのか、その変遷を分かりやすくご説明します。

TOPページ 口臭の体験談 サイトMAP