自分の匂いは分からない

匂ってる?匂ってない?自分の体臭は中々分からないもの

自分の匂いは自分自身、中々分からない

自分の匂いに敏感な女性

自分がクサいかどうかはどうやって確認すればいいのでしょうか?

 

これは簡単なようで結構難しいものです。

 

 

例えば口臭なども「しっかり歯磨きしたばかりだし、大丈夫だろう」と思っていても、周囲には臭いを漂わせているというのはよくあることです。

 

加齢臭の問題を長年研究している資生堂では、人間はどんな臭いでも嗅ぎ続けているうちに慣れてしまいその内臭いを感じなくなる、と説明しています。

 

人間は臭いに慣れる

 

これの典型的な例は他人の家に行くとその家のニオイが分かるのに、自分の家は無臭のように感じるケースですね。

 

 

かくいう私も、結構脂性なので鼻の両脇からは人には見せられないくらいの脂が出ます。

 

そこを人差し指で強く押すと指先がしっとりするくらいの脂が出ます。(特にお肉を食べた日の翌日あたりはヤバいです)

 

この指に着いた油がその人自身のニオイです。

 

ところが、普段は鼻の穴の両脇すぐにある脂のニオイは殆ど感じません。これは鼻が常に油のニオイを嗅いでいるため、脳が臭いを感じさせなくなってしまっているためです。

 

 

他人のオナラは臭いのに自分のオナラは臭くない、という経験は誰でもあると思います。

 

いや、実際は他人のオナラも自分のオナラも臭いのですが(笑)、この自分のオナラは許せるというのは脳が臭いを臭いとして検出していないためです。

 

 

 

また、人間の口臭は起床時が最も強烈になっているのですが、それでも朝起きた時に口臭を感じることは滅多にありません。

 

そんな時はティッシュを畳んで舌の表面を拭ってみてください。

 

そのティッシュから発せられる臭いが自分の口臭の臭いそのものです。きっとあまりの臭さに驚きますよ

 

 

実は男性は女性よりも自分の加齢臭に気付くことは多いのですが、それは男性が帰宅後にワイシャツを脱いだ時にシャツの臭いを嗅ぐ機会(自分の体臭を確かめる機会)が多いからだと言われています。

 

 

 

人間は毎日同じ臭いを嗅いでいると次第にそれに慣れていきます。そしていつのまにか臭いを臭いとして検出しなくなるわけです。

 

 

「自分は臭くないから〜」というのはもしかしたら脳がそう思い込ませているだけかもしれません。

 

定期的に自分のニオイを確認して、周囲に迷惑をかけないようにしたいですね。



このエントリーをはてなブックマークに追加 

旦那の口臭を消す方法.com

関連ページ

【体験談】体臭と私と夫の話
実は口臭と並んでもう一つ、人間には嫌な臭いがあります。それが内側から出る体臭・加齢臭です。ここでは旦那の口臭とは少し趣向を変えて、体臭・加齢臭ついて見ていきます。その後どうすればこれら匂いは消せるか、といった問題に私の経験も交えながら書いていきます
人間の皮脂は30代がピーク
体臭や加齢臭というと何となく40〜50代の中年に差し掛かったオジサンが一番キツいと思われがちですよね。でも、実はそうでもありません。実は人間の体は30代こそが皮脂の分泌ピークで、それ以降は徐々に下り坂になっていきます。ここではその理由を説明します。
デオドランドスプレーは良くない
夏場のドラッグストアには多くのデオドランドスプレーがありますが、これを使うことで自分の体臭を消そうと考えているなら、ちょっと待ってください。そのスプレーはもしかしたら体臭を消す効果が無いどころか逆に体臭をキツくしてしまう可能性すらあるんです・・・
体臭には種類がある
体臭といえば、とにかく「クサイ!」という画一的なイメージばかり持たれがちですが、実はコレ、種類があるって知ってました? しかも2つや3つどころか詳しく分けると七種類に分かれるというから驚きです。ここではそれら七種類の体臭について見ていきます。
体臭を発する部位を把握しよう
体臭は部位を問わず体のありとあらゆる箇所から出ていますが、出やすい部分と出にくい部分に分かれます。なので、出やすい部分を把握して、そこを重点的にケアすることはエチケット的な意味では非常に重要です。ここでは体臭の出やすい部位についてまとめました。
似てるようで違う他臭症と自臭症
あなたは自分の口臭を強く感じているのに他人は全くそれに気づいてないというケースに遭遇したことはありませんか?実はコレ、自分は口臭や体臭が匂ってるんじゃないかと不安になる「自臭症」と呼ばれる症状です。ここでは他臭症と合わせて自臭症について説明します。
日本人は匂いにとっても敏感
国民性、といっては何ですが、実は日本人は口臭・体臭をはじめとした他人の匂いにとても敏感だと言われています。このページでは日本人がどのような経緯を経て、現在のように「匂いに敏感な国民」へと様変わりしていったのか、その変遷を分かりやすくご説明します。

TOPページ 口臭の体験談 サイトMAP