デオドランドスプレーは体臭を消すどころか臭くしてしまう可能性も!

デオドランドスプレーは体臭を消すどころか臭くしてしまう可能性も!

デオドランドスプレーは効かない

デオドラントスプレー

 

体臭は異性を惹きつけるフェロモンを放つコミュニケーションツールであることはこちらのページで説明しました。

 

 

しかし、高度に文明が発達して、人類が古来より持っていた各種気管が退化した現代において、この体臭は良い意味を持ちません。

 

むしろ旦那の体臭は他者に嫌悪感を持たせる悪しき存在とまで言われているほどです。 実の娘以外からも、です。

 

 

そんな人々の事情を読み取ってか、今やドラッグストアを覗けば様々なデオドランドスプレーが販売されているのを目にします。

 

 

しかし、体臭のメカニズムをきちんと理解すれば、こういった類のスプレーはあくまで対処療法でしかないことはすぐ分かります。

 

 

なぜなら身体の内面から分泌される脂汗がニオイの元である以上、表面の匂いを消しても時間が経てばすぐに匂いは再び漂うからです。(例えるならば雑草の草部分だけを摘み取っても、根っ子を抜かない限り何度も生えてきてしまうのと似ていますね。)

 

 

そこで、体臭軽減のために是非とも試してほしいことが二つあります。

 

 

旦那の体臭を軽減するためにやるべき二つのこと

 

 

まず一つ目はわき毛の剃毛です

 

体臭の原因がわき毛に潜むワキガ菌にある以上、これを取り除くことは体臭対策においてまず一番にやるべき施策です。

 

 

わき毛を剃るだなんて当たり前でしょ、と考える方が大半だと思いますが、意外にも男性の中には自分の体臭にコンプレックスを持っているのにわき毛は剃っていないという人が少なからずいるようです。

 

 

実にシンプルで単純ですが、その効果は絶大です。

 

体臭にそこまで悩んでいない人でも周囲はどう思っているか分からないものなので、念のためやっておいて損はありません。

 

 

次におススメしたい体臭対策はお肉や乳製品を控えることです。

 

これをやる理由は、体臭の大元になる脂汗の原料は元を辿ればコレステロールだからです。

 

そのため血液中に含まれるコレステロールが多い人は自然と脂汗もそうでない人より出やすく、結果的に体臭も強く発する傾向にあります。

 

クサいにおいを元から絶つためにコレステロールの元になる肉類や乳製品を減らすわけですね。

 

もちろん、本来であれば肉も乳製品も一切止めて野菜や魚中心の生活にシフトするのがベストですが、お肉が好きな人は多いでしょうし、外食中心では中々難しいと思います。

 

 

そこで、「お肉を食べるのは週に二日だけ」のように自分の中でルールを決めて、少しずつ摂取するコレステロールを減らしていくのをおススメしています。

 

私はこの方法で食卓のお肉を二週間に1回というところまで減らすことに成功しました。

 

 

最後に、これらをやっても体臭が治らない場合は、ワキにメスを入れてそこにあるアポクリン腺を切除する手術もあります。

 

 

旦那が自身の体臭に本気で悩んでいる場合は検討する価値はありますね。



このエントリーをはてなブックマークに追加 

旦那の口臭を消す方法.com

関連ページ

【体験談】体臭と私と夫の話
実は口臭と並んでもう一つ、人間には嫌な臭いがあります。それが内側から出る体臭・加齢臭です。ここでは旦那の口臭とは少し趣向を変えて、体臭・加齢臭ついて見ていきます。その後どうすればこれら匂いは消せるか、といった問題に私の経験も交えながら書いていきます
自分の体臭は中々分からない
口臭と並んで厄介なのが自身の体臭ですが、これを自分できちんと把握して対策するのは中々難しいものです。ここでは体臭は口臭と違って自覚するのがどうして難しいのか、その理由について説明します。現在自分の体臭に悩んでいる人は参考にしてみて下さい。
人間の皮脂は30代がピーク
体臭や加齢臭というと何となく40〜50代の中年に差し掛かったオジサンが一番キツいと思われがちですよね。でも、実はそうでもありません。実は人間の体は30代こそが皮脂の分泌ピークで、それ以降は徐々に下り坂になっていきます。ここではその理由を説明します。
体臭には種類がある
体臭といえば、とにかく「クサイ!」という画一的なイメージばかり持たれがちですが、実はコレ、種類があるって知ってました? しかも2つや3つどころか詳しく分けると七種類に分かれるというから驚きです。ここではそれら七種類の体臭について見ていきます。
体臭を発する部位を把握しよう
体臭は部位を問わず体のありとあらゆる箇所から出ていますが、出やすい部分と出にくい部分に分かれます。なので、出やすい部分を把握して、そこを重点的にケアすることはエチケット的な意味では非常に重要です。ここでは体臭の出やすい部位についてまとめました。
似てるようで違う他臭症と自臭症
あなたは自分の口臭を強く感じているのに他人は全くそれに気づいてないというケースに遭遇したことはありませんか?実はコレ、自分は口臭や体臭が匂ってるんじゃないかと不安になる「自臭症」と呼ばれる症状です。ここでは他臭症と合わせて自臭症について説明します。
日本人は匂いにとっても敏感
国民性、といっては何ですが、実は日本人は口臭・体臭をはじめとした他人の匂いにとても敏感だと言われています。このページでは日本人がどのような経緯を経て、現在のように「匂いに敏感な国民」へと様変わりしていったのか、その変遷を分かりやすくご説明します。

TOPページ 口臭の体験談 サイトMAP